最近はシャワーに入ったあと髪の毛を最後まで乾かす元気すら…

ない!


…TooYoungです。


さて、寒くなってきましたね。

今年の秋は体感で2日間くらいしかなかったように感じます。

会社からの帰り道に、

長い外套を羽織ったおじ様がいたり、

母親と小さい女の子の親子がコンビニで買った

暖かいお茶を飲んでいるのを見て、

冬の到来を確信しました。


(どうやら、大雪山系では初冠雪を記録したようですし

…ああ、今年も紅葉見に行けなかった…)




夏と秋の間。


って、気持ちが沈みがちになりませんか!?

私だけでしょうか。

大学生の時からなぜかこの季節、

まるで心臓がそのまま鉛に取り換えられたような心地になるんですよね。



“この時期は人恋しくなる季節だ”

とは、同期の女の子の言葉ですが、

そんな甘いものではなく、

どんよりした気分になりがち…。


心が繭につつまれているような、

自分が半透明の膜におおわれているような、

世界が自分とは無関係にすすんでいくような、

そんな気持ちになるんですよね。


(こと今年に関して言えば、年明けからそんな気分が続いていますが

厄年だからかな…)



でも、そんなどんよりな気分に終止符をうってくれるのが、


そう!雪!



あの童謡の「雪」に出てくる

こたつで丸くなる猫と対をなす

イヌではないんですが、

雪が降ると気持ちが昂って

庭を駆け回りたくなっちゃうんですよ。

(…道産子だからかな。)




暗くくすんで枯れた世界を

白くまっさらなものに変えてくれる雪。



暖かい食べ物のおいしさや

ほかの季節とは違う北海道の美しさを

感じさせてくれる雪。




そして

隣に誰かいてくれるということのぬくもりを

よりいっそう感じさせてくれる雪。




…あぁ、早くふってくれないかなぁ。



白い天使の訪れを心待ちにしています。





(…でも、雪道って運転したことないんだよなぁ笑)


TooyYoung

ありのままって…

最近、自分の生き方について考えることがすごく多い。


ありのまま生きるってなんだろう。

自分らしく生きるってどういうことだろう。

ありのままで、自分でらしく生きるって

簡単なようですっごく難しいことなのかもしれない。

ありのままで生きた先には何が待ってるんだろう。



もうひとつ、

ありのまま、と、わがまま、ってどう違うんだろう。

ありのまま生きてるつもりが、

いつのまにかわがままに生きていて、

気が付かない間にほかの人を深く傷つけているのかもしれない。

自分はそこをはき違えているのかもしれない。



そんなことが気になる今日この頃、



季節外れの青春を



こじらせた気分。

水がおいしいと…

こんばんは!

TooYoungです!

昨日、ニセコに行ってきたんですが、

あることに気が付きました!



ニセコには野菜の直売所がいくつもあって、

その日に収穫された野菜がいくつも並んでたんですが、

どれもとってもみずみずしい!



実際に、トマトとルッコラを買って(もらって)、

家で食べてみたんですが、

すんごくおいしい!

(ちなみにトマトはそのままぱくぱくと、

ルッコラは何か月かぶりにフライパンを使って笑

ベーコンと一緒にマヨネーズでソテーして食べました

ごちそうさまでした!)



ほかにも羊蹄山にハイキングに行ったんですが、

そこらへんに咲いてる花や

生えてる草木が元気だったんですよね!

生き生きしてるっていうか!



なぜ、こんなに野菜がおしいんだろう、

どうして植物がこんなに元気なんだろう、

と考えたんですが

タイトルの通り、

水がおいしいからだ、

と気が付きました。



羊蹄山や京極でこんこんと湧き出る清水!

そのまま飲んでもおいしい水を吸収して

育った野菜がおいしくない訳がないし、

植物が元気に育たない訳がないですよね!

(あと、そんな清らかな水を飲んで育った人

の歌が上手じゃないわけがないですよね!笑)




どんな生き物(クマムシとか特殊な生物は除く笑)にとって

不可欠な水!

どうせなら、きれいな水で体を満たして

暮らしたい!

もうちょっと欲を言えば、

羊蹄山に見守られながら、

洞爺湖に抱かれながら、

たまに温泉に浸かりながら、

カンパーニュを焼きながら笑

好きな人と豊かに暮らす!


そんな生活に憧れている

TooYoungでした!


(ちょっと前まで、大金持ちになりたいとか

言っていた自分からすると考えられない発言!笑)
f:id:tooyoung38:20170925213822j:plain

日々の中で繰り返す。

平日




まず起きる。

6:00くらいに一度目が覚めるけど

7:15まではベッドの中で目を閉じてる。

その1時間と15分間は

必死で仕事以外の

何か楽しいことを考える。

何が悲しくて家にいる間も仕事のことを

考えなくちゃならないんだ。




7:15に起きたら

ラジオをつける。

余計なことを考えたくないから、

っていうか仕事のことを考えたくないから。

どうでもいいようなニュースやくだらないトークでも

聞いていると意識がそっとに集中し

気がまぎれる。




そしてシャワーを浴びる。

シャワーを浴びてると

いやがおうにも

仕事のことを考えてしまう。

アレをああして、コッチはこうして。

その時点で気分はどんよりしてくる。




そして、シャワーが終わり、

時計を見るとさらにどんよりした気分になる。

ああ、はやく行かないと、地下鉄に乗らないと、と。

雨なんか降ってる日は最悪だ。

仕事着に着替え、部屋をでる。




歩いて駅のホームまで向かう。

この時は、自然といつ仕事を辞めるか、

ということが脳裏に浮かんでくる。

いつ、どのタイミングで、どの職業に

転職するのか、そんなことばかり考えてしまう。




そして、ICカードの残高を気にしながら

地下鉄に乗り込む。

ホームに列車が到着するときの風圧が

ものすごいストレスだ。

拒まれているように感じる。

本当は自分が拒んでいるのだけど。





地下鉄の中では、仕事に関係する本や資料に目を

通していることが多い。

新人の時は少しでも勉強になれば、と思って読んでいたが

いまでは上司が乗り込んできても

目を合わせずに済むし、

挨拶しない言い訳のために読んでる。




そして、職場の最寄駅で降りる。

もう、ここまでくれば

覚悟というのか諦めというのか、

余計なことは考えず、職場へ向かう。




職場につくと後輩が挨拶をしてくる。

彼のとてもいい奴だが、

彼のやる気は時々、眩しすぎる。

やる気を失った今の自分には

心の中で顔を背ける。




職場では挨拶すら面倒になった。

一日が始まることを実感してしまうから。

自分という存在に気付かれてしまうから。

だれも構わず、できればほうっておいてほしい。





自分の席につく。PCの電源を入れる。

ここからはもう無心だ。

なにも考えない。

考えると耐えれなくなるから。

なにも考えず、作業する。

考えることを放棄しているのが

バレないよう作業する。

考えているフリをする。

そして、自分を消す。

愛想笑い、元気なフリ、やる気のあるように見えるポーズ。

終業まで。




でも、たまに自分の心が顔を出す。



こんなことをして何の意味があるんだ、



いつまでもこんなくだらないことを続けるつもりか、



これがお前の目指してた未来の自分なのか、



と問いかけてくる。




でも、そんな時は、


なにも変えない

そして変えようともしない自分を

楯にする。



だって今まで通りのほうが楽じゃないか、

そこそこの給与がもらえているじゃないか、

じゃあお前は何がやりたいんだ、

何ができたら満足するんだよ、と。



そうすると、自分の本音はいつの間にかいなくなっている。





そして、一日の大半の時間を

自分を偽って過ごし、

会社を出る。


駅まで歩き、

地下鉄に乗り、

家まで歩く。

その過程で

晩御飯を調達する。

その繰り返し。



いくら無心で過ごしていたって

お腹はすくし、疲れる。




疲れているし、

うまくいったためしがないから

自分で料理はつくならい。

いくら身体に悪くたって、

いくらお金がかかったって

かならず外食。


疲れているし、

何のやる気も起きないから

そのまま家に帰る。

はやく家に帰って寝たい。




帰宅したらスーツを脱ぎ捨て、

PCを見ながら晩御飯を食べる。

なにか面白いことはないか、

なにか刺激的な話はないか、

そんな自分の生活では満たされない

なにかを求めながら、

PCを眺めつつ晩御飯を食べる。



そしてそのあとも

惰性でずっとPCと向き合っている。

特になにか調べるわけでもなく、

有益な情報を得るわけでもなく、

暇つぶしでネットサーフィンをする。





適当な時間になったら、

眠たくなる。

今日も一日、

何か大切なことをしていないような

大事なことを忘れているような

気持ちを抱えつつ、ベッドに入る。

スマホを持って。



そして、またラジオをつける。

無音が怖い。

自分の人生を見つめなおしたり

してしまいそうで。

今の自分にとって、

自分の人生を評価することは

奈落を見ることだ。

それなら、たとえ無益であっても

なにか別のことに思考をゆだねたい。

寝る前に自分と向き合うなんて地獄だ。


そして、眠りにつくまで、

スマホでまたネットサーフィンを

繰り返す。

毎日変わっているようで、

変わっていない情報を摂取しつつ、

眠る。


そして、翌朝、どんよりした気持ちで

また目を覚ます。



毎日がこの繰り返し。

繰り返し。

繰り返し。

本気で生きることを諦めてしまった君へ(前編)

本気で生きるのってめんどくさい。

体力は使うし、

お金もかかる、

なにより目の前の出来事に、

もっと言ってしまえば

自分がいま生きているこの人生に、

全力で取り組むべき価値があるとは思えない。




それに、もし本気を出して生きて

うまく行かなかったらどうする。

その頑張りは無駄になるし、

本気を出してたこと自体が恥ずかしくなるだろう。

全力で努力して、頑張って、

それでも失敗したら、

やっぱり自分なんてどうせダメなんだ…

自分の能力なんてここまでか…

と己の限界を感じてしまうだろう。

それは恐ろしいことだ。

とっても怖い。




だから、本気は出さない。

なんとなく生きる。

めんどくさいし。

家で寝てるときが一番のしあわせ。

人生常に省エネ、3割くらいの力で生きる。

週末のために平日は死んだように過ごす。





…でも、でも、きっといつか

自分が本気を出して取り組む価値があるものと

出会えると信じてる。

自分が心から惹かれ、

ワクワクできるものに出会うことを信じてる。






いつか…、いつか…、きっと…。




自分は本気を出すときがくるんだ…。




そう信じてる。




そして、いつか




きっと



自分は成功するんだ…。







と信じてる自分がいる。


(続く)

北海道を観光するときは注意!札幌のがっかり観光スポットはアレだけじゃない!

こんにちは!

認証画像が読み取りづらくて人生が

中々次に進めないtooyongです!


突然ですが、

みなさん、北海道って好きですか!?

私は大好きです!

豊かな自然、おいしい食材、

そして

数多の観光名所!

中でも北海道の中心、

札幌市にはいろいろな観光スポットがあります。

例えば、

大通公園

市民の憩いの場として親しまれており、

年間時期を問わず、様々なイベントが開催されています!

ほかには

テレビ塔!

こちらも札幌のシンボルマークといっても過言ではないでしょう!

そして、わすれちゃいけない

札幌時計台

札幌農学校(現在の北海道大学)の演武場として

使われていたこの建物は、いまでは観光スポットなり、

昼でも夜でも写真撮影をしている観光客の方を多く見かけます!

しかし…

じつは、この札幌時計台

こう呼ばれているのを皆様はご存知でしょうか。

その名も




「札幌のがっかり観光スポット」


確かに、時計台のことをそう呼ぶひとが

わたしの周りにも複数いました。

そして、時計台をそう呼ぶ理由について

みんなが大体同じことをいうのです。

その理由とは

「北海道(札幌)以外から来る人は

時計台が丘の上にポツンと

建っているのを想像しているんだけど、

実際に来てみると乱立するビル群の間に

申し訳なさそうに建っていてなんか想像と違うから」と。

と。

なるほど言われてみればそういうものなのかな、

という気もするのですが、

勝手に期待してるだけじゃん…とも

思っちゃいますよね。


そしてもう一つ…

私はみつけてしまったんです、

札幌のがっかり観光スポットを…

それは、

クラーク像です


みなさん、クラーク像といわれてどんな想像をしましたか!?

おそらく、足を少し広げて立ち

右腕を横にあげているクラーク博士を

思い出したと思います。

では、それがどこにあるかご存知ですか!?

道民のみなさん、ましてや札幌市民の方なら

わかりますよね!?

そう、羊が丘展望台です。

(蛇足ですが、先ほどの

道民以外の方が勝手に想像している

時計台のある場所のイメージというのは

この羊が丘展望台の写真から

形成されてものなのではないでしょうか)


しかし、中には

こう思われた方はいませんでしたか?

「え、クラーク博士?

クラーク博士といえば

北大でしょ?

あの像って北大にあるんじゃないの?」



…でも、実はちがうんです。

北大にもクラーク像はあることはあるんですが、

胸像しかないんです!



実は、北大に通っていた頃、

構内でよく聞かれたんです。

「クラーク像見たいんですけど、どこにありますか?」と。

そのとき私は

「ここを真っ直ぐ言ったらありますよ、

ただ、胸の上からしかない像(胸像)ですけど…」と答えるようにしてたんですが、

ほとんどの観光客の方が

「え、そうなの!?」とか

「じゃあ、(あの有名な全身の像は)どこにあるの!?」

という反応でした。



そう、なので

クラーク像自体はがっかりスポットとは言えないのですが、

あの有名なクラーク像が見たくて北大に

いらっしゃるとがっかりされることになるので

みなさまお気を付けください!



では!

おっさんの太もものせいで死にかけた話

みなさん、こんばんは

 

マルセイバターサンドなら

 

できたてさっくりより

 

ちょっと日が経ってしっとりの方が好き

 

tooyoungです

 

マニュアル車って… 

 

みなさん乗る機会ありますか?

 

私は仕事で毎日乗っています。

 

マニュアル車も慣れれば、

 

自分が意図したとおりに

 

エンジンの力を地面に伝えることができるので、

 

操ってる感があって意外とたのしいんです。

 

村上春樹もエッセイでそんなことを言っていました)

 

 

ただし…

 

シフトノブの操作がめんどくさい!!!

 

減速の度に3速→2速とシフトダウンして

エンジンブレーキを使って停まって。

 

停まったら停まったで1速に戻して…

信号が青になったら半クラ+シフトアップ

 

と、AT車であればアクセルとブレーキの操作の2つで済むところを

 

MT車クラッチペダルとシフトノブの操作という2つも

 

やらなければならないことが増えるんですよ!

 

そして今日…

 

いつも通り、マニュアル車で営業にでかけたんですが

 

助手席に初対面のおじさんを乗せて、営業することになったんですよ。

 

それでそのおじさまが体格のいい方で、

 

なかなかふくよかな方だったんですね。

 

そんでもって、私に割り当てられてる営業車が

 

カローラとかプロボックスなど普通車ならいいんですが

 

軽自動車なもので、すごく狭い。

 

そのすごく狭い軽自動車に体格のいいおじさまが乗られるとどうなるか…

 

なんとシフトノブを操作するたびに

 

 

 

おじさまの太ももをさわっちゃう…///

 

 

んですよ。

 

いや、そういう趣味はないんですが、

 

もう車内がきつくて、おじさんも足をひろげて座るもんだから

 

1速、2速のたびにおじさんのふとももをさわっちゃうんですね。

 

(おじさんも気づいてるのに足どけてくれないし)

 

そうこうしてると…

 

やっぱり気を使うじゃないですか

 

いくら男同士でもふとももを触られるのは嫌だろうと…

 

私も気を使って、あんまり触らないように

 

ちゃんとシフトノブを操作するたび

 

目で見てどうノブを握れば、あんまり

 

太ももに触れなくて済むか、きちんと確認するように

 

したんですよ。

 

そしてその時…

 

あー、前方つまってるなーってことを思いながら、

 

運転してたんですね。

 

そこで左車線へ進路変更しようとしまして。

 

まずウィンカーを出し、

 

 

 

左車線を確認し、

 

 

 

シフトダウンして減速するべく、

 

 

 

いったんシフトノブを目視し、

 

 

 

しっかりとおじさんのふとももを確認し、

 

 

 

太ももに触らぬようノブを握り、

 

 

 

シフトダウンをし、ハンドルを左に切った瞬間…

 

 

 

 

ビーーーーッ!!!

 

 

どうやら、私がおじさんの太ももの位置を確認している

 

数秒の間に

 

後ろから、クルマが来ていたようで、

 

おもいっきりクラクションを

 

ならされてしましました。

 

(そしてそのクルマはこれでもかというくらい

 

嫌がらせの幅寄せして走り去っていきました笑

 

ちなみにシルバーのホンダ・ストリームです)

 

 

ぶつからずに済んだのでよかったのですが、

 

そのあとおじさんがポツリ一言、

 

「tooyoungくん、あんまり運転上手じゃないんだね笑」

 

 

 

 

…いやいや、確かに運転下手だけど

 

あなたの太もものせいでもありますからね!笑

 

 

 

いやはや、おじさんの太ももの接触を避けようとするばっかりに

 

まわりのクルマのと接触しそうになるとは…

 

 

…お後がよろしいようで(?)

 

 tooyoung